ユメノアトサキ

Komatsu Rie WEB SITE

※固定記事

Komatsu Rie WEB SITE

http://komatsurie.com/

  1. 2020/01/01(水) 00:00:00|
  2. 未分類

記念写真。

今年見た唯一の桜。

DSCF7515.jpg



  1. 2017/04/22(土) 20:23:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HPとlensculture

無題

HPとlenscultureのポートフォリオを更新しました。

両方にキヤノンのフォトグラファーズセッションの写真を載せました。

lenscultureは自分のページをもらったことも長らく知らずにいたくらいなので

かなり放置していましたが

少しずつ載せていこうと思います!

HPからlenscultureのページに飛べるようにはまだできていません(頑張りますw)

lenscultureはこちらから→https://www.lensculture.com/rie-komatsu

  1. 2017/04/13(木) 19:46:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017.4.7

DSCF7392.jpg


日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

documentary
ドキュメントは記録や文献という意味であり、ドキュメンタリーは、事実の記録に基づいた表現物をさす。記録文学、記録映画(ドキュメンタリー映画)などについていうことばであり、ラジオやテレビなどの音声表現、映像表現についても使うことができる。1926年にイギリスの記録映画作家J・グリアスンJohn Grierson(1898―1972)によって用いられたのが初めてである。
 しかし、普通、ドキュメンタリーという場合は、単なる記録性だけを問題にするのではなく、社会批判、社会告発などの要素が含まれていると考えるべきだろう。松本清張(せいちょう)の『日本の黒い霧』(1960)のような政治の世界や、産業社会の「腐敗」や「悪徳」についての社会的告発や、社会の「闇(やみ)」的な部分の暴露、糾弾、批判などがその作品の主題としてあり、硬派とか社会派とかいわれる作品傾向が共通してみられる。ドキュメンタリー・ノベル、ドキュメンタリー・ドラマといった、本来のドキュメンタリー(記録・文献)とは結び付きにくい造語がつくられてゆくのも、日本においてドキュメンタリーということばが、その表現方法や手法について語られるものであるからだろう。
 『復讐(ふくしゅう)するは我にあり』(1975)に始まる佐木隆三(さきりゅうぞう)の小説は、ドキュメンタリー・ノベルといってよく、一人の男による連続殺人事件を、新聞報道、警察調書、裁判資料、独自の取材などの「ドキュメント(文献)」によって組み立てていった作品である。永山則夫の犯罪とその人間を描いた『死刑囚 永山則夫』(1994)も、ドキュメンタリーの手法を最大限に生かした作品といえるだろう。吉岡忍(しのぶ)(1948― )の『墜落の夏』(1986)は、山梨県山中に墜落した日航機事故を、その事故の詳細な報告と事故後の人間模様までをも丹念に取材し、記録したドキュメンタリーの一つの典型のような作品だ。
 佐野眞一の『東電OL殺人事件』(2000)は、著者が冤罪(えんざい)と信じる被疑者の潔白を証明しようということと、被害者の人間性に迫ろうという複眼的な視線が生かされた、現代人の心のなかの闇を描く迫真的なドキュメンタリー作品となっている。単に外側に現れた現象の記録ということだけではなく、現代のドキュメンタリーは、事件の内側の真実や、人間の心の内側の現象までをも「記録」しようという企図をもち始めているようだ。[川村 湊]
『松本清張著『日本の黒い霧』(1960・文芸春秋新社) ▽佐木隆三著『復讐するは我にあり』上下(1979・講談社) ▽佐木隆三著『死刑囚 永山則夫』(講談社文庫) ▽吉岡忍著『墜落の夏――日航123便事故全記録』(1986・新潮社) ▽佐野眞一著『東電OL殺人事件』(2000・新潮社)』
[参照項目] | 記録文学 | ドキュメンタリー映画 | ノンフィクション
出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例
世界大百科事典内のドキュメンタリーの言及
【ドキュメンタリー映画】より
…日本では〈記録映画〉という訳語も一般化している。映画での〈ドキュメンタリー〉という呼称は,そもそもアメリカの記録映画作家ロバート・フラハティがサモア島の住民の日常生活を記録した映画《モアナ》(1926)について,イギリスの記録映画作家であり理論家であるジョン・グリアソンJohn Grierson(1898‐1972)が,1926年2月の《ニューヨーク・サン》紙上で論評したときに初めて使ったことばで,それまでは〈紀行映画travel film(travelogue)〉を指すことばだったフランス語のdocumentaireに由来している。広義には,劇映画に対して,〈事実〉を記録する〈ノンフィクション映画〉の総称で,ニュース映画,科学映画,学校教材用映画,社会教育映画,美術映画,テレビの特別報道番組,あるいはPR映画,観光映画なども含めてこの名で呼ばれるが,本来は(すなわちグリアソンの定義に基づけば),〈人間の発見と生活の調査,記録,そしてその肯定〉を目ざしたフラハティから,〈映画は生きものの仕事〉であり〈事実や人間との出会い〉であるという姿勢を貫いてカメラを対象のなかに〈同居〉させた《水俣》シリーズ(1971‐76)の土本典昭(つちもとのりあき)(1928‐ )や《三里塚》シリーズ(1968‐73)の小川紳介(1935‐92)らにつらなる方法と作品,すなわち〈実写〉とは異なる〈現実の創造的劇化〉が真の〈ドキュメンタリー〉である。…
【ドキュメンタリー写真】より
…もし予断や解釈を排除した,機械的・客観的な記録が理想であるとすれば,写真はまさに記録術の申し子だといえる。したがっていわゆる〈ドキュメンタリー〉が,記録や証拠を提示することを要件としているのならば,視覚メディアとしては,写真は映画やテレビジョンとともに,その最も有効な手段の一つといえる。写真は,しかし映画やテレビジョンのように流れる時間性を持たない点で異なっており,対象の時間的な切断面をそのまま静止の状態で示すことに写真独自の記録性の特徴があるといえる。…
  1. 2017/04/07(金) 22:55:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017.04.05

170405.jpg

サクラはまだ見ていない。

でも、今年はそれでいいような気がする。。。

  1. 2017/04/05(水) 18:35:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ